ビ ギ ナ ー の ビ ギ ナ ー に よ る ビ ギ ナ ー の 為 の W E B

とても気になったオシャレなケージ!

DIY

今回はオシャレな自作ケージのご紹介です(笑)

私はフォローしていただいた方に出来る限り
フォローのお礼&フォローバックをして回るんですが
今日は琥鉄とペプシさん(@PepsiandKotetsu )が、
とてもオシャレな自作ケージを掲載されていましたので

記事作成のご協力をお願いし快諾頂けましたので
ご紹介させていただきたいと思います!

 

ケージ上部の開口部



ツイッターにアップされていた写真で
一番最初に目を引いたのは
上部にある「フラップアップの扉」!!!

 


この扉は、
ライト関係の調整に便利そうだなと思いました。
他にも夏場のオーバヒート対策や換気にも効果がありそうですね!

また、暗くなりがちなケージ内も採光面積が大きくなることで
より明るくなるんじゃないかと思います。

前面のスライド式の扉も、上部が開口することによって
視野が広がりメンテナンスが容易になりそうですよね。

 

ライト周りのポイント



上部のメインライトにダクトレールライトを設置されています。

ダクトレールライトの対応ワット数も150wあり
UVBライトやスポットライトにも大丈夫そうです。

ライトがスライドする事で生体のサイズアップにも簡単に対応できる。
フラップアップの扉からのメンテナンスもやりやすくなる。

と、凡庸性と利点の多い、凄く良いアイデアだなと思いました。

サイドに桟木が入る事でクリップ式のライトの設置も容易になってます。
桟木をレールに見立ててスライドする事も可能ですし
この桟木だけでもレイアウトの幅が広がりますね!

桟木の部分は作者の『琥鉄&ペプシ』さんの超こだわりの部分で
サイドの横向きの桟木に対して縦向きのの桟木をケージ奥隅に取り付けてあります。
この桟木でライトの追加や高台のスポット増設・流木の設置を容易にできる様にされています。

生体の成長や先々のレイアウト変更を見据えたケージ作成が素晴らしい!
行き当たりばったりな私は恥ずかしい・・・

 

 

ダクトレールライトの価格もリーズナブルなので
次回ケージを作成時の筆頭候補です!!!

ホームセンターでビバリアの太陽NEOが2000円弱なので
操作性を考えると、ダクトレールライトの方がコスパがいいですね(笑)

 



ツイッターにアップしてあった図面も分かりやすいので参考にしやすいですね。

 


全体的に凄く可愛いくてオシャレなスタイル!

フラップアップの扉部分の傾斜が家屋の様で素敵です。

 


よくあるマンションなどのタンス用の窪みも
自作ケージならすっぽり入りますし、
デッドスペースもケージ次第ではオシャレなマンション化できます(笑)

今後もこだわりポイントなどツイートされる様なので
自作ケージの作成を考えておられる方は yo checkすべし!!!だと思います。

最後にお部屋でくつろぐフトアゴのベビーちゃんの一コマをどうぞ(笑)

 

>共生できる飼育環境を『Hachural-Life』

共生できる飼育環境を『Hachural-Life』

爬虫類&exotic animalと共に生きるをテーマにしたサイトです。
現在、飼育されている方の環境や知識を共有し
後に続く方々の参考になるサイト作りを目指しています。

CTR IMG